スポンサーサイト

0
    • 2012.01.29 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜4枠8番

    0
      アサヒ競馬は馬券の買い目を出すのは上手いと思っていません。
      上手なのであれば複勝コロガシだって当てられるだろうし、
      馬連、馬単、3連複ですでに大きな結果を出していたはずです。

      ではなにがそうさせたのか。
      じつはすごく簡単なことなのです。

      この考えを身につけただけで、かなり馬券力が向上しました。

      要は次の3つです。それぞれについて詳しく書いて見たいと思います。

      /景垢琉に惑わされない

       これはみなさんも納得できるものがあるのではないでしょうか。新聞の馬柱の上にあ
      る予想欄に◎や○がたくさんついているだけで、とくに素人の方は、その馬がこのレー
      スでは一番強いとか1着にくるとか思ってしまうでしょう。

       それはそれで間違いではないのかもしれません。厩舎や騎手と直接会話ができる人た
      ちがつけた印ですから、その馬本来の実力がうかがえます。
       ただ、新聞にはあまり悪いことが書けないのではないでしょうか。厩舎の方は馬主へ
      の建前上、馬の調子が悪くても取材に来た記者に「いやあ、調子が悪くてまいったよ」
      なんて正直にいえないものです。
       
      ある馬主は日本ダービーを目標に、高い値段で買った馬をその厩舎に預けてきました。
      しかし、厩舎関係者はその馬がレース直前になって調子が思わしくないことがわかりました。
       そんなことを知らない馬主は、一番の目標である日本ダービーに出走できるとあって
      楽しみで仕方ありません。

      ここで「じつは調子が悪いのです」なんてコメントしたら、
      これからもう預けてくれ  なくなるだろうという心配があります。
      馬主にしてみれば、
      「一番の目標でやってきたレ−スなんだぞ、調教のプロなのになにやってるんだ!」
      となるでしょう。

       こういうシガラミが競馬関係者の中に数多くあると思われます。
      騎手の間でもそうだと思います。
      なので、新聞の中身をすべて鵜呑みにしていては、どうしても人気馬ばかりの
      馬券を買うハメになってしまうわけです。

       運よく馬券は当たったとしても配当は低いものばかりでしょうから、回収率から考え
      れば決してプラスにはなりません

      アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜5枠9番

      0
        配当に左右されない

         これは,痢嵜景垢琉に惑わされない」に似たような話ですが、,録景垢琉であっ
        て△魯ッズのことです。

         オッズが低ければ低いほどみんなが買っているということですから、人気の集中する
        馬券を買ってしまうのはある意味で仕方のないことかもしれません。
        けれどもオッズをつくり出すのは馬券を買う人。
        その大半の人が競馬新聞を見て馬券を買っているのです。

         競馬新聞に印が集中する↓皆が買う↓オッズが下がる↓心配性な日本人はみんなE貝う
        ↓オッズがまた下がる。こうして過剰人気のオッズが生まれてくるのでしょう。それを
        信じていては穴は取れません。

        C綵隋畆体呂任呂覆

         競馬はギャンブルです。馬の調子もあれば騎手の騎乗ミスがあったり、あらゆる要素
        がそれぞれのレースにあります。力を出せなかった馬もいるでしょう。また調子を上げ
        るために叩き台としてレースを使う馬もいるでしょう。

         そんななか、馬柱が「1着↓1着↓1着」となっているからといって、次も1着とは
        限りません。もしかしたら体調が悪くなってしまっているかもしれません。逆に「10着
        ↓10着↓10着」ときた馬は、じつは使い込んで調子を上げていく馬かもしれません。

        なにがいいたいか。

        着順が悪いからダメというわけではないということ。
        厩舎の方は賞金を稼いでご飯を食べているということを忘れてはなりません。

         また、 銑0奮阿里海箸覆里任垢、知っておいていただきたいことがあります。
        競馬新聞で予想している方たちは「枠順をほとんど考慮していない」ということです。
         
        細かい時間はわかりませんが、土曜日のレースの枠順が発表されるのは前日の金曜日
        の午前9時〜10時くらい。しかし競馬新聞が都心の駅などで売り出されるのは正午近くです。

        ということは、枠順を考慮してコメントや印を書いているヒマは間違いなくありません。

        土曜日の出走馬が確定する木曜日の仕丁後3時半くらいから、確定出走馬の一覧を見
        て予想をしているものと思われます。

         枠順が考慮されてコメントや予想がされているのは日曜日に行われる重賞レースだけ
        と思っていただいていいと思います。ただしGIなどは木曜日に枠順が発表されるので、
        夕6土曜日の新聞にも枠順のがされていると思います。

         レースを予想するうえで枠順は非常に大事です。

        競馬場のコース特性、馬場などにより枠順での有利不利は大きくあるからです。

         それを考慮されたコメントであれば信用度は高いのですが、そうでなければ信頼度は
        その程度だと思ったほうがいいと思います。あえてコメントを利用する人は、自分で枠
        順の有利不利を考えて予想することをお勧めします。

        アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜5枠10番

        0
          アサヒ競馬はなにも特別なことはしていません。
          でも成績は悪くありません。

          特別なことはなにもしていませんが、馬券好きな人と比べると、
          きっと買うレース数が圧倒的に少ないと思います。

           なぜ買わないのか。アサヒ競馬は馬券下手だからです。
          競馬は手を出せば出すほど負けます。
          なぜか? 知らない方もいるかと思いますので書きますが、競馬は控除率25% 
          (買えば買うほど負けるようにできている) からです。

           100円馬券を買った時点で、すでにその馬券は75%の価値しかありません。
          25%はすでに1RA (日本中央競馬会) に控除されているからです。

           要は100円で馬券を買い続けた場合、限りなく75%に近づいていくということ。
          つまり、買うレースが多ければ多いほど75%に近づいていくということがいえます。
          「競馬は買えば買うほどソンをする」というふうにできているのです。

           よってアサヒ競馬は「比較的データがあり、記憶に残っていて、
          情報の多い重賞レース」を中心に買っています。
          情報が多いほど当てやすいし、重賞は各馬の先々の目標が読みやすいという利点があります。

           アサヒ競馬が勝てるようになった理由は「結婚」です。
          なぜでしょうか? それは小遣い制になったからです。

           結婚する前は生活費を除いたすべてのおカネが自由に使えました。
          いくら使おうが、負けようが誰も文句はいわないし、苦しくもなりません。
          若いわりに稼ぎのあったアサヒ競馬は競馬が終わったらパチスロへ行って次の日はまた競馬。
          そんな生活が中心でした。
           
          しかし、結婚するとそんな生活なんてできません。
          財布は嫁さんが握っており(アサヒ競馬が握ると使ってしまうので自らそうしています)、
          結婚してから1カ月の小遣いはずっと3万円です。

           そのなかから、たばこやらお酒やらの値段をやりくりし、
          競馬の資金をつくり出さなければなりません。
          ということは、いい加減に馬券を買うことができないのです。

           1戦1戦が自分の財布にかかわる大ギャンブル。
          結婚をしたことで1000円でも100円でもムダにはできない状況になったのです。
          そういう状況になったことが真剣に競馬に立ち向かうきっかけとなりました。

           それまで新聞の記事を疑うこともせずに買っていた馬券が、
          「信じられるものは自分だ。得できない馬券は買えない」という状況になり、
          真剣にレースを考えるようになりました。
          これがアサヒ競馬の馬券成績が向上したきっかけです。

           既婚者の方も未婚の方も、自らを追い込んで使える金額を絞って挑戦してみてはいか
          がでしょうか? 
          1人ではできないかもしれないという人は、友だちと「競馬という資金運用ツール」を
          ゲーム感覚でやってみると面白いかもしれませんよ。



          a href="http://ameblo.jp/asahikeiba/ " target="_blank">アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
          アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
          アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
          アサヒ競馬スポーツ〜風になる
          アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
          アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
          アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

          アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜6枠11番

          0

            アサヒ競馬が尊敬する馬券師の本を読んで以来、「記憶に残す」ことを実践しています。
            それはレースを何度も見直すという作業です。

             強かった馬、人気がないのに好走した馬、競馬をしていない馬、邪魔をされていた馬、
            最後にすごい脚で追い込んできたけど着順の悪かった馬など、いろいろといます。それ
            をすべて覚えておいたり、競馬ソフトにメモしておきます。

             競馬ソフトに入力しておくことで、出走してくればその馬のデータは一目瞭然。これ
            らの情報はアサヒ競馬の財産です。

             競馬新聞にそのようなことは苦いていません。
            つまり、ほとんどの人が知らない情報を自分はもっているのです。
            それだけでも有利ですよね。

             自分が過去に次走狙いたいようなメモを残しており、次に出てきたときにその馬が10
            番人気だったら鼻息が荒くなると思いませんか? 
            必ずくるというわけではありませんが、そんな馬が好走したときはもう大興奮です。

             アサヒ競馬は仝レースを見ることができるグリーンチャンネルに加入していますが、
            それを録画して全部を見るということまではしていません。
            土・日曜に民放で放映されるレースを録画しておいてそれを見ているだけです。
            それだけでもそんな馬を発見できます。

             アサヒ競馬もサラリーマンで、子持ちです。すべてのレースを見ている時間はないし、
            続けられる気力もありません。
            でもメインレースだけ見るのであれば、そんなに時間はかかりませんし、
            いまも続けられています。

             実際そんな馬を見つけておいしい思いもしていますし、
            これからも続けていくつもりでいます。




            アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
            アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
            アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
            アサヒ競馬スポーツ〜風になる
            アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
            アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
            アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

            アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜6枠12番

            0
              「なにをいってるんだこいつ!」なんていう声が聞こえてきそうですが、
              馬券予想に正解があれば限りなく100%に近い確率で的中させることができます。
              そんな馬券術はこの世に存在しませんよね。 
                         .
              ・1枠が5回以上出現しなかったら、次のレースから1枠を買い続ければ利益が出る

              ・安藤勝己騎手が3番に入ったら買う

              ・3着が2回続いたら単勝を買う

              ・ある騎手が好きなのでこの騎手を買い続ける

               これは適当に書いた例ですが、このようになんでもいいと思います。
              いつかは必ず的中できると思います。
              的中できるということは、的中したときはそのレースに対して
              その戟術は正解だったということ、ただしその方法で最終的に利益が出せるかどうかは別です。

              最終的に利益を多く出せる馬券術が、一番正解に近い馬券術といえるかもしれません。

               ギャンブルは仕事ではないというのは、要は生活できるほど儲ける必要はないということです。
              実際に競馬で生活している方もいると思うので断っておきますが、
              そのような方は完全に「プロ」ですので、そのような方は読み飛ばしてくださいね。

               ギャンブルは遊びです。負けないために真剣にやる必要は大いにありますが、
              人生や生活を賭けてやるものでは絶対にありません。

              「この馬絶対くるのに5倍もつくでぇ100万賭けたら5倍つくから500万や」
              こういう考えはやめましょう。

              「明日あの馬出走するんだ。来週が給料日だし、おカネがないからちょっと無利息で借りてこよう」


              アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
              アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
              アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
              アサヒ競馬スポーツ〜風になる
              アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
              アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
              アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

              アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜7枠13番

              0
                前にもちょつと触れましたが、
                「人気馬ばかり買っていては勝てない」というのはギャンブルの基本事項と
                いってもいいのではないでしょうか。

                 アサヒ競馬は人気を疑うことで成績を上げてきました。
                人気馬で決まることは少なくありません。
                ただし、人気になっている馬がこないからこそギャンブルが成り立ちます。

                人気は人がつくり上げたもの。人と違う考えをもてば穴も取れます。

                 ただし、人気馬を切ってばかりではダメです。
                根本は多くの人が実力を持ち合わせていると思うから人気が上がるわけで、
                むやみに穴を狙っていてはおカネがなくなってしまうだけです。

                 コースの特性、ハンデ、馬場状態などいろいろなものを考慮した上で人気馬を買うの
                か、穴馬を買うのかを決めていきましょう。
                 とくに素人の方、資金が少ないときは人気馬を買ってしまう傾向にあります。
                それは安心を買っているだけで、本当にくると思う馬を買ってはいないのではないでしょう


                 アサヒ競馬は自分の欠点をわかっているつもりです。
                資金があればその分、馬券を買う金額も点数も増えてしまうことです。
                点数が増えれば的中率が上がるはずなのですが、どうも 的中率が上がっているようには思えません。
                 
                馬券を買う際に考えるのは軸馬。軸馬からの点数を増やしたところで、
                軸馬がこなければ的中はできません。

                 的中できないということは投次貝した分、負けが増える。
                結果、的中率は変わらないのに投資が増えるため、資金が減ってしまいます。



                アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
                アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
                アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
                アサヒ競馬スポーツ〜風になる
                アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
                アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
                アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ
                09年に100万円の利益を達成できなかった理由はここにあると考えています。

                 みなさんも自分の欠点がわかるでしょうか? それを解決したら馬券は取れますか?
                それを解決したら利益が出るようになりますか? 
                そんな自分の欠点を見つけるのもまた馬券や資金には有効な戟術かもしれません。

                アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜7枠14番

                0
                  いまはもうだいぶ重要性を疑問視されるようになってきましたが、
                  長距離戟は面白いレースであると思います。
                  むかしの天皇賞などの勝ち馬を見るとすごい馬ばかり。

                   でも近年は天皇賞(春) には出走せずに海外へ出向いたり春は全休したり、
                  出走しても宝塚記念だけなどといったケースが増えました。
                  むかしは強い馬が「天皇賞(春)を勝つために!」という気迫が
                  伝わってくるようなすばらしい勝負が見られたものなのに。

                   ここ数年の天皇賞(春)が荒れているということがその時代の流れを表しているので
                  はないでしょうか。
                  むかしは、天皇賞(春)は固いレースというイメージがあったはずです。

                   しかし、いまは2000メートルを勝てる馬が評価される時代。
                  アドマイヤムーンなどはいい例であり、天皇賞(春)や有馬記念など見向きもしませんでした。
                  菊花賞も出走していません。

                  血統的なものがあるとは思いますが、むかしは3歳馬の秋の目標は菊花賞というのが主流だったはず。

                   近年の天皇賞が荒れる要員として、超一流馬が出走しなくなったことがありますが、
                  2000メートルを勝てる馬を第一に血統を配合していることが荒れている原因ではないでしょうか。

                   有力馬の血統が2000メートル用につくられたものであり、
                  ステイヤー血統ではないので人気になる馬が凡走する。
                  展開で有利になった馬や長距離の素質をもった馬が台頭したり、
                  前に行った馬がそのまま残ったりして荒れているのだと思います。

                   そんな長距離レースをいまの時代に狙うときは距離経験です。
                  とくにいえるのは菊花賞でしょう。

                   3歳馬で3000メートルを経験できる心−スというのは1レースか2レースくらいしか
                  ないのではないでしょうか。
                  いや、3000メートル以上というレースは菊花賞までに1レースもないかもしれません。

                   そんな馬たちがGIで初めて走る3000メートルですから、予想をしようにもその
                  走る馬も走ってみなくてはわからないという状況です。

                  アサヒ競馬が菊花賞や長距離のレースを買う場合は、必ず長距離レースの経験を考慮します。
                  少なくとも2200メートル以上の経験は必須です。
                  1600万下戟でも2600メ一 トルくらいの経験馬が出走してきますので、
                  そういう馬は要注意です。07年でいえばホクトス〜タン。
                  このような馬が穴をあける可能性がたくさんあります。
                  ホクトスルタンは横山典弘騎手が乗りましたので
                  いつも以上に人気になってしまい力を出し切れませんでしたが、
                  アサヒ競馬の菊花賞の穴候補はユーシンダードマン。

                  残念ながら4着でしたが、ダンスインザダークの血統や、2400メートルという長めの距離を
                  中心に大舞台ではめっぽう強い角田騎手。
                  こういう狙いでエーシンダードマンを買いました。

                   距離経験は2歳、3歳春などの若い産駒にもいえることで、
                  最初のころは短距離の番組しかありませんが、クラシックは2400メートルですし、
                  そこまでの過程で距離経験があるとないとではだいぶ違います。
                  したがって、長距離レースを買う際は次の3つ。

                  こんな感じの項目を重視してみてはいかがでしょうか。


                  アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
                  アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
                  アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
                  アサヒ競馬スポーツ〜風になる
                  アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
                  アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
                  アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

                  アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜7枠15番

                  0
                    騎手よりもコース実績、距離実績に要注意

                     短距離戟は長距離戦と違い、ペース配分や騎手のテクニックにかかわる比重が
                    比較的小さくてすみます。
                    あまり上手でない騎手でも先行させて4コーナーで仕掛ければ、馬はある程度の競馬ができます。

                     要は好スタートを切れるのも、距離が足りるも足りないも比重の大きさは騎手よりも
                    馬にかかってくる部分が大きいわけです。
                    スタートの上手い下手は、騎手によって変わつてくるのかといえばそうでもないと思います。

                     だとしたらなにが大切か。

                    過去の成績を重視するのはいうまでもないですが、アサヒ競馬が重視するのは
                    「コース適性」と「距離適性」 です。

                     人間でも100メートルの選手がいて200メートルの選手がいるように、
                    それぞれ一番得意な距離があります。
                    また100メートルもこなすが、200メートルも走れるという人もいると思います。

                    馬も同じですよね。

                    ある程度の力があれば1200メートルも1400メートルも大丈夫。
                    ただし1600メートルとなると……。
                    もう1つのコース適性でいえば、右回りの競馬場はあまり走らないけど左回りは走るとか。
                    なぜか中山競馬場では走らないけど東京競馬場では走るという馬がたくさんいると思います。

                     例であげれば、一番わかりやすいのがマツリダゴッホ。
                    いうまでもありませんよね。07年の有馬記念を制したにもかかわらず、
                    08年の天白窟貝(春) には見向きもせず海外の競馬場へ行ったのですから。

                    「中山競馬場に似た競馬場しか走らない」と
                    厩舎関係者もわかっていたマツリダゴッホはわかりやすい一例ですが、
                    人それぞれ得意なものがあるように、馬にも得意な競馬場、苦手な競馬場は存在するはずです。


                     大跳びの馬は広い競馬場が合うでしょうし、小回りの競馬場ではほかの馬が気にする
                    分、器用な馬は有利になったりするのではないでしょうか。
                    マツリダゴッホは長距離ですが、短距離はとくにコース適性や距離適性をアサヒ競馬は重視しています


                    アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
                    アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
                    アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
                    アサヒ競馬スポーツ〜風になる
                    アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
                    アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
                    アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

                    アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜7枠15番

                    0
                      騎手よりもコース実績、距離実績に要注意

                       短距離戟は長距離戦と違い、ペース配分や騎手のテクニックにかかわる比重が
                      比較的小さくてすみます。
                      あまり上手でない騎手でも先行させて4コーナーで仕掛ければ、馬はある程度の競馬ができます。

                       要は好スタートを切れるのも、距離が足りるも足りないも比重の大きさは騎手よりも
                      馬にかかってくる部分が大きいわけです。
                      スタートの上手い下手は、騎手によって変わつてくるのかといえばそうでもないと思います。

                       だとしたらなにが大切か。

                      過去の成績を重視するのはいうまでもないですが、アサヒ競馬が重視するのは
                      「コース適性」と「距離適性」 です。

                       人間でも100メートルの選手がいて200メートルの選手がいるように、
                      それぞれ一番得意な距離があります。
                      また100メートルもこなすが、200メートルも走れるという人もいると思います。

                      馬も同じですよね。

                      ある程度の力があれば1200メートルも1400メートルも大丈夫。
                      ただし1600メートルとなると……。
                      もう1つのコース適性でいえば、右回りの競馬場はあまり走らないけど左回りは走るとか。
                      なぜか中山競馬場では走らないけど東京競馬場では走るという馬がたくさんいると思います。

                       例であげれば、一番わかりやすいのがマツリダゴッホ。
                      いうまでもありませんよね。07年の有馬記念を制したにもかかわらず、
                      08年の天白窟貝(春) には見向きもせず海外の競馬場へ行ったのですから。

                      「中山競馬場に似た競馬場しか走らない」と
                      厩舎関係者もわかっていたマツリダゴッホはわかりやすい一例ですが、
                      人それぞれ得意なものがあるように、馬にも得意な競馬場、苦手な競馬場は存在するはずです。


                       大跳びの馬は広い競馬場が合うでしょうし、小回りの競馬場ではほかの馬が気にする
                      分、器用な馬は有利になったりするのではないでしょうか。
                      マツリダゴッホは長距離ですが、短距離はとくにコース適性や距離適性をアサヒ競馬は重視しています


                      アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
                      アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
                      アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
                      アサヒ競馬スポーツ〜風になる
                      アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
                      アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
                      アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

                      アサヒ競馬★競馬勝ち組への道〜8枠16番

                      0
                        ※狙う馬、切り捨てる馬はここで見分ける

                         ダート戟に限らず、競馬はすべて前に行ける馬が有利です。それよりも、ほかの要因
                        を見てみましょう。
                         ダートに関しても競馬場の得意、不得意は出てくると思います。
                        例が、「地方競馬のGIを連勝するような地方馬が中央に出てきても活躍できるとは限らない」
                        というのがいい例ではないでしょうか。

                         アジエディミツオーヤフリオーソといえば、地方競馬では抜けた存在ですよね。
                        しかし、フエブラリーステークスやジャパンカップダートで好走できているのかというと、
                        惨敗です。
                        それは砂の質が大きくかかわっているとは思いますが、
                        要は競馬場に合った馬が存在するということです。

                         話はちょっと横道にそれてしまいましたが、
                        ダート競馬は馬の層が厚いということを頭に入れておいてください。

                        2、3着を繰り返しているような馬をよく目にしますが、
                        これらの馬はやはり力が足りないから勝てないのであって、
                        力があるけど道が悪くて勝てないというわけではないということ。

                        力があれば簡単に上のクラスに行っているだろうし、
                        力がないから2、3着を繰り返しているのです。
                        このような馬が上のクラスに行くと、人気にはなりますが通用しないことが多い。
                        そんな馬が1番人気であれば別の馬を軸馬に置いて勝負しましょう。

                         ただし例外はあります。それは追い込みの馬。
                        ダートでは追い込むことが芝よりもはるかにむずかしいので、
                        追い込み脚質の馬で2、3着を繰り返しているのは、騎手の仕掛けや展開で負けていることが多く、
                        必ずしも力負けではありません。

                         それだけ連続して差し脚を使えるということは、そのクラスでは抜けたスピードをも
                        っているということで、上のクラスでも要注意でしょう。

                        クラスが上がって2、3戟は苦戦してもその後に穴をあけることがよくあると思います。

                         ダート戟は前に行く馬が有利です。競馬は芝戦も前が有利ですが、ダートは芝以上に
                        先行できるかどうかが重要です。

                         ダートはご存知の通り、砂は細かく目に入ると痛い、鼻に入っても痛い。
                        馬もそれは同じでしょう。
                        ですから、ダート戟は内枠だから評価を上げるのではなく、
                        内枠の先行馬はOKですが、差し馬はすべて砂を被るということを忘れてはなりません。

                         逆に、外にいる差し馬は内の馬が砂を被ってくれる分、差し馬も先行馬も砂を被りに
                        くいということを覚えておきましょう。前走で好走したその馬は、外枠で先行したので
                        は? 前々走に内枠で血只けていませんか?
                        JUGEMテーマ:競馬


                        アサヒ競馬★競馬勝ち組への道 
                        アサヒ競馬ギャンブル〜負ケ知ラズの法則
                        アサヒ競馬スポーツ〜蹄の跡
                        アサヒ競馬スポーツ〜風になる
                        アサヒ競馬ギャンブル〜神の申し子
                        アサヒ競馬スポーツ〜トラックへの想い
                        アサヒ競馬レース〜3ハロンを駆けろ

                        calendar
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM